読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よこと病気と○○と

1人の人間として、ありのままをツラツラと。お布団と社会の間から

私と病気と被写体活動

f:id:yoco_0531:20151114161843j:image


今日はせっかくの休日なのに雨

でも、いいね
だってこんな日は誰もかれもがニート

誰もニートを責める者はいないからね笑


ヨコは学生の傍、被写体活動をする

よくモデル?って聞かれるけど自分的にはちょっと違う

顔やスタイルを武器に芸能世界で生きる人がモデルなら

表情や表現力を武器に芸術世界で生きる人が被写体だと思う
(あくまで私の勝手な区別)


そんで被写体活動は私にとって生きる源だし、やりたいこと、
夢中になれることのtop1

だけどそれさえも
最近は病気に奪われがち
本当にどれだけ奪えば気がすむんだろう

でも私にはもう一つの武器がある


それは私が被写体兼カメラマンであるということ


用意するのは三脚とセルフタイマー


最近はもっぱら




レベルの高い自撮りかよwww

って思われがちだけど
最近はわりとメジャーになりつつある
ジャンルだと思う

セルフポートレートでは

カメラの調整
小道具の管理
撮影用のヘアメイク
光の調節

それらを全部1人で管理する

とっても大変だけど
どこまでも自分のこだわりをもった
作品づくりができる舞台


私には表現したい世界がたくさんある

病気が被写体活動を奪うと言ったけれど、病気が私に与えてくれるものもある


それが、世界観



f:id:yoco_0531:20151114161707j:image


f:id:yoco_0531:20151114161624j:image


f:id:yoco_0531:20151114161629j:image



これは少し前にTwitterにあげたセルフポートレートの作品

題名は
"哀しみと絶望の愛し方"

いやー
我ながら臭い題名だ笑

ただ、
この病気が私に与える
どうしよもない哀しみや絶望から
逃れることができないなら

私はどうにかして受け入れたいと思った

愛してあげたいと思った

せめて自分は味方でいたいと思った


ただそれはとてつもなく難しくて
普通の愛し方じゃとても間に合わなくて

たぶん

私がどんなに貢いでも

どんなに受け入れ続けても

どんなに体を許しても

どんなに愛をささやいても



愛することは難しい


そんなどうしよもない途方もない
哀しみと絶望をしょった

または誰からも愛されない
彼らの孤独を体現した

そんな作品が作りたくて
この哀しみと絶望の愛し方を作った


私の場合は愛したくても愛しきれないそれが病気だっただけで

きっとどんな人もそれに代わる何かを
持っているんだと思う

ただ
愛したくても愛しきれないのそれは
一見残酷な何かに見えるけど
見方はを変えればきっと

魔法のように
人を惹きつけて離さない

魅力的なもの

それならば
哀しみも絶望も全部
この胸に
飲み込んであげよう

そんな魅力的なものならば
喜んで持ち続けよう

それが正しいとか間違ってるとかはどうだっていい、

善だとか悪だとかそういったこともどっちだっていい

必要なのは

覚悟だけだ


そんな意味合い全てをこめて
この作品です


なんか話すぎて
自分でもよくわからなくなった笑


よこの作品を見て
露出多すぎ!だとかエロいね!
だとかコメントをくださる人たち


ありがとうございます。


よこはどんなコメントでも写真に反応してくれたことが嬉しい


ただよこはもっと力をつけたいと思う

肌の露出に負けないくらい

この作品の意図を伝えられるようになりたい

そんな表現力がほしい

私の世界観が作れるならば
私は喜んで肌を差し出そう

そのくらいの覚悟をもって
作品づくりに挑んでる

忘れないで欲しいのは

ただ脱ぎたいわけじゃないってこと笑


そしてその表現力をくれるのは
まぎれもなくこの病気がくれる

たくさんの感情であるということ



被写体活動は楽しい

私の生きる力の源

ただ皮肉にも
それを与えてくれるのは病気の産物

いくら愛しても愛しきれないけれど

被写体活動を通せば
カメラを通せば
私はこの子と一緒にいられる

そんな世界が
被写体です


今日はこのへんで
f:id:yoco_0531:20151114182859j:image