読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よこと病気と○○と

1人の人間として、ありのままをツラツラと。お布団と社会の間から

私と誰かと1人



弱音を一方的に綴るのは、簡単です


言葉にするのは、好きです
だけどどうしても
人に話すのは、難しい



こんなどうしよもない話をして
その人を困らせてしまうんじゃないか

病をうつしてしまうんじゃないか

メンヘラだと嫌われるんじゃないか



そう思うと、なにも言葉にできなくて

明るい笑いがむなしく、こみ上げるだけなんです



誰か、助けて、と
 
いつもいつも言うけれど

結局はなんにも、言えやしなくて 
誰にも、話せやしないんです





結局涙を流すときは、
いつも一人ぼっちだ





誰かと泣けたなら、
半分こにできるのでしょうか


汚い私を受け止めて、
涙にくれる声に驚かないで、
話を、聞いて


なにが不安?
なにが辛い?
なにが悲しい?


問いただして欲しい

さらけ出させて欲しい




その気持ちを押さえつけるかのように

1人になりたい

そう考える自分が、止まらない


誰とも話したくない
1人になりたい


悟られたくない
心配かけたくない


今あなたの声を聞けば
私はきっと、普通じゃいられない
あなたを、困らせてしまう


LINEもTwitterも、
なにもかも捨ててさ

誰かれとも関わるのをやめてしまいたい


もうなにも、期待したくない

望みたく、ない


そうすれば、ほら
こんなに痛い目に会うこともきっと
なくなるんでしょう?



ばーかばーか


自分が1番ばか野郎