読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よこと病気と○○と

1人の人間として、ありのままをツラツラと。お布団と社会の間から

私と君とサヨナラ




なにが悲しいって
わかってしまうことだよ  


あなたが
離れていく人なのか
離れていかない人なのか





もうあんな思いは、2度とごめんだから


 



改札が嫌いよ





心のないサヨナラ

遮断機の鳴る音

君の小さくなる背中

ただ見送る私

振り向きもしない君

電車の眩しすぎる灯り

引き止められない私の弱さ

過ぎ去る君を乗せた電車




改札脇にうずくまって
声が枯れるほど泣いたあの日
   




ねぇ、あなたはどこにもいかないと
そう言ってくれたあの日のこと


このまま2人で深い海に沈んでしまえたらいいのになんて、思ったこと






何度も

あなたが囁いた言葉  





ただ会えるだけで
ただそばにいれるだけで

幸せだと






君は確かに

そう、囁いた。







みんなも、そう囁いた。







うそつきね。







もうあんな思いは、2度とごめんだから



私はもうなにも期待できないし


だれも、信じられない







 そんな自分が1番馬鹿野郎。