読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よこと病気と○○と

1人の人間として、ありのままをツラツラと。お布団と社会の間から

私と病気と引きこもる理由

 

 

お布団にくるまっていることが

あの頃の私にできる、精一杯でした

 

 

 

体調が、安定しなくて

目眩やら胃もたれやらが酷く

朝まで寝付けない夜が続いています。

 

いっそのことインフルなら楽なのにと

どんなに思うか。

 

体がしんどいと心もしんどくなっていくようで

自分のことばかりが、嫌に思えてくる。

 

職場を休んでしまって

迷惑をかけて、

思い出すのは、去年の今頃働いていたイタリアンでのこと

 

私が体調不良でお休みした日

私のいるグループラインで私の代わりの

埋め合わせあいが始まった

 

私、頑張れば○時からいけます!

ごめんなさい、今出先で...○ちゃん忙しいから私はいってあげたいのに、、

もしかしたら□時からなら行けるかも!

みんなごめんね〜私も出先だあ

全然大丈夫ですよー!

 

 

それは

私がいるのに、私がいない話し合い

 

その後すぐに1人ずつにLINEを送っても無視で

私はもう心はそこに無くて

涙さえも枯れていて

逃げるようにその職場を、辞めたのです。

 

 

人様に迷惑かけるくらいなら

働くなよ

布団にこもってろよ、出てくるなよ

 

そう、言われてるようで

 

 

ごめんさないと何度も心でつぶやいて

涙でぐしゃぐしゃになった顔のまま

何日も布団にくるまって

 

そうしていたらそのうち生きる意味さえわからなくなって

 

生きているだけで社会に迷惑をかけるなら

 

布団にくるまってただ飯を食い空気を吸うだけの塊なら

 

生きる意味なんて、あるのかと

 

もう何も食べれなくなって

もう何処へも行けなくなって

もう

 

もう、生きているのか死んでいるのかさえ

わからなくなって。

 

 

「頑張れよ」と言われたって

 

頑張りたくても

そのためには必ず誰かに迷惑をかけなければいけなくて。

 

イタリアンでのその日の後だって

本当は辞めるつもりなんてなかった

けど

「今日頑張れなかったぶん、他の日たくさんシフト入ればいいじゃん」って

アドバイスくれた友達がいて

 

私にはそれをする、体力もないなあと思って

 

 

頑張るには、必ず誰かに迷惑がかかる。

 

 

理解のある家族なら

無償の愛を注いでくれる両親なら

多少は甘えられるかもしれない。

 

でもそれが職場なら

赤の他人なら

それが、頑張ってる人なら

大切な人なら

 

どんどんどんどん、

迷惑をかけれなくなってしまう。

 

 

泣き寝入りして布団にくるまったままなら

君の世界は理解されないままだよと

 

そんな事を最近では思ったけれど

本当に怖いのは

大切な誰かに迷惑かけてしまう事だよね。

 

君は誰より痛みがわかる人だから

人に迷惑をかけるなんて絶対に出来ないこと

そのためには自分をこらえて

布団を涙で大洪水にさせることさえ容易いこと

 

本当は

あなたが一番辛くて

あなたが一番不安なのにね

 

 

「いくじなし」に、なってませんか

 

あの子はあなたに迷惑かけられてもいいと言ってるのに、あなたは怖がって布団にこもってるだけになっていませんか

 

 

人からたくさん迷惑をかけられる人に

なりたいです

どうでもいいか、よこだし

そんな風に思ってもらえたら、万々歳

 

 

 

体調を心配してくれる

体調が良くなることを心から喜んでくれる

ここにいていいよと、言ってくれる

 

そう言う人たちがいるうちは

私はまだまだ頑張らなきゃいけないと思います

 

いつ見放されるかなんてわからない

それでも、今やれる全てをやるしかないんです

 

出勤の朝

私は何度も思う

 

雇ってもらえることは幸福で

働けることは奇跡だ

 

 

 

早く、元気にならなくちゃ

 

頑張ってご飯を食べなくちゃ

 

絶対、治さなくちゃ。

 

 

 

今日はこのへんで

f:id:yoco_0531:20170125162116j:image

 

photo by noa