読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よこと病気と○○と

1人の人間として、ありのままをツラツラと。お布団と社会の間から

私と病気と退学届

 

終わらせるなんて

簡単な事だと、思っていた

 

 

必要な書類はもう揃っていたし

背中を押してくれる人たちもたくさんいた

 

次に進む道(転学先)も決まっているし

やりたいことだってはっきりしている

 

なのに私は今

退学届を握りしめたまま駅のホームで動けない

 

家を出る時

母が背中を撫でてくれた

 

「あんたがどれだけ苦しい決断をしようとしてるのか、わかってるつもりだから。

だからいつでも、帰っておいで」

 

うん、と言葉に出さずに頷いた

 

家を飛び出し自転車をぐんと漕いだ

 

ああ、言葉に出さなくてよかった

 

息をしようと口を開いただけで

涙が吹き出した

 

向かい風に涙は一瞬だけ頬を伝っては

すぐに宙へと舞った

私はそれを追い越していく

 

頬を撫でる風はもう暖かい

私の思いとは関係なく

春が、せまる

 

 

願書を出すには、卒業しなきゃいけない

ふたついっぺんには、手に持てない

 

 

1人ぽっちの、卒業式

 

思い出は散り散りのかけらみたいに散らばって

アルバムになんかまとまりはしない

 

涙を流したって

笑い飛ばしてくれる仲間もいない

 

おめでとうと行ってくれる先生も

卒業証書もありはしない

 

あるのは父の一筆と印のみがある

薄い紙切れ一枚だ

 

誰も祝ってなんてくれない

むしろあるのは「退学者」の称号だけ

 

嬉しさのかけらなんてみじんもない

私以外の誰かが望んだ、卒業式

 

 

どんなにあがけど

どんなに笑い飛ばしても

どんなに幸せでも

結局「普通」になんて、敵いやしない

 

 

何が悲しいと言われても、わからない

 

進む自信はあったんだ

ただそこに長い年月が横たわっていて

私を先に進ませてくれない

 

手に入れる決断は容易くても

手離す決断はこんなにも

心がいたい

 

 

春なんて

来なければいい

来なければいい

来なければいい

 

ずっと冬のままでいい

冷たく透明な、雪のままでいい

 

 

 

「よこさんの周りは、笑顔で溢れてますか」

 

優しい彼の言葉に私は頷けない

 

私は身近な大切な人にさえ

困ったような悲しい顔をさせる

弱い弱い人間です

 

 

間違えちゃいけないんだ

 

これは進む事に対する、不安ではない

 

手離す事に対する、悲しみだ

 

 

それほど私にとってこの三年は

大切だった

 

大切だったんだ

 

ああ、私は

こんなにも悲しめる人間だったのか

 

三年

 

私が普通を謳歌していた

素晴らしい日常

 

もう2度と戻らない

儚い日々

 

 

私は私から

それら全てを手放します

 

 

私はここにいるわけにはいかないから

先に行くね

 

 

休学ではない

退学という道を

 

さようなら

もう会わないよ

さようなら

 

 

大丈夫

きっといつか笑って過ごせる

大丈夫

 

大丈夫

きっと大丈夫

 

信じよう

信じるしかないんだから

見えない光は、夜には必ず見えるから

 

 

人は決断しながら生きている

それは幸福な決断もあれば

悲しい決断もある

 

手離す決断

失う決断

諦める決断

辞める決断

旅立つ決断

 

それらははたから見たら

停滞で、後退かもしれない

 

それでも悲しい決断は

幸福な決断よりよっぽど覚悟がいる

 

見えない光を信じる覚悟

周りからの視線を受ける覚悟

もう戻れない覚悟

 

そしてその覚悟を決める人々は

きっと何より尊く、逞しく、強く

まっすぐに、優しい

 

 

 

退学なんて、したくない

 

ずっとここにいたい

 

決断なんてしたくない

 

いつまでも、曖昧でいたい

 

 

でも私は

 

私は

 

進まなければ、いけない

 

 

やりたいことがある

見返したい人がいる

守りたい世界がある

 

だから

 

行ってきますと、さようならを

告げる覚悟を

私は、持たなければいけない

 

明日はこの紙切れを

ちゃんと出せますように

 

 

f:id:yoco_0531:20170220153816j:image

 

photo by ryoma