読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よこと病気と○○と

1人の人間として、ありのままをツラツラと。お布団と社会の間から

私と病気と「先生へ」

 

先生、あのね

 

 

私、大学に入って教師を目指しました

バイトは塾の講師をしてるといったら

先生は「まさかお前がな」って顔で

驚きながらも、どこか嬉しそうでしたね。

 

そりゃそうだよね

高校の時からあんなに問題児だったもんね 

 

怪我をしてそれまで全てだった部活を奪われて

学校に行けなくなった2年生

 

初めて発作を発症して

受験を諦めかけた3年生

 

それでも私、先生を目指したの

こんな行きにくい学校なんて、

1つでも減らしたくてさ

 

「学校なんて行かなくてもいいよ」

そうこっそり言ってあげあられるような

先生になりたかったの。

 

 

先生、あのね

 

 

私頑張ったんたやけど、やっぱり、だめだったよ

私の体が、先にだめになっちゃった

 

なにもなくなっちゃったの。

 

夢も、友達も、大学も、

 

普通も、光も、色も

 

なにも、なくなってしまったの。

 

先生世界は、どうしてこんなに残酷なんですか

 

 

 

先生、あのね

 

 

私今日、受験の合格祈願に行ってきたの

 

後輩じゃない、他の誰でもない

私のための合格祈願

 

明日が、合格発表なんです

 

落ちたら私

私たぶん、またなにもなくなっちゃうの

 

私、ギリギリのとこにいました

だから必死こいて神様にお願いしに行ったんだよ

 

でもね

目を閉じたら、私の願いは一瞬に

大好きな彼女の笑顔が浮かんでしまったよ

 

ねえ、先生

この子がいたから

私、ここまで強くなれました

 

ねえ、先生

私はクズで、できの悪い子で

先生になんて立派な人にはなれないです

 

でもね、先生

私は私以上に大切な人ができたことが

 

心から、嬉しいんです

 

 

彼女はバカで全然うまく生きれなくて

それでも人のために泣ける

優しい子なんです

 

サヨナラの時はいつも優しい眼差しを

暖かい手の温もりを

 

遠くにいる時は

寂しさを、嫉妬を、溢れんばかりの愛情を

じんわり光を滲ませてくれるんです。

 

彼女は教えてくれました

私の言葉に救われてる人が確かにいること

自分の身をもって証明してくれました

 

 

ねえ、先生

 

私は、私はなにもない人間です

徳の高い言葉も

誰かを引っ張る強い光さえ

持ち合わせていやしないんです。

 

でも

弱さを恥じることなく

さらけ出すことだけはできるんです。

 

涙を、隠さずこぼすことはできるんです。

 

 

世の中にはそれが

できる人とできない人がいると知りました

 

そして私は、それができる人らしいのです

 

だからね、私

弱さも涙も包み隠さずここに置いていきます

 

 

君の弱さを、私はどうしたらいい

 

豊原エス

 

先生私はね

 

「あなたの弱さは、私が隠してあげる」

 

そうできる、人でありたいです。

 

 

 

先生、あのね

 

私は落ちても、それでもいいです。

 

それより彼女が苦しみに潰れ

落ちていってしまう方がよっぽど、怖いんです

 

 

偽善に聞こえると思います

結局人は、自分が一番可愛いです。

 

 

私も私が落ちるのは

ほら、今これを打つ手が震えてるように

すごく怖いです。

 

涙は果てしなく

名前の無い不安がこみ上げます

 

 

ねえ、先生知っていますか

 

何度も奪われる
苦痛や惨めさ、歯がゆさを

 

私は、知っています

 

人は全てを奪われ

なにもなくなってしまったとしても

 

必ずまた誰かが、与えてくれるという事を

 

 

だからもしも、

またここで私が落ち

なにもなくなってしまったとしても

 

きっと彼女が

 

私に与えてくれると信じているんです

 

信じて、いるのです

 

 

 

瞳を閉じれば

あなたが、まぶたの裏にいる事で

どれほど強くなれたでしょう?

 

あなたにとって私も、そうでありたい

 

そうで、ありたい。

 

 

ねえ、先生

 

 

私はなにをやっても

周りと同じようにできなくて

いつも何かを、無くしてしまいます。

 

何度も何度も打ちのめさせれては

何度も何度も這いつくばって

心は確実に、だんだんと、すり減っていきます。

 

それでいつか

自分のために立てなくなったのなら

 

その時は

 

 

私は誰かのために、立ちます

 

先生、これが私の生きる道です。

 

先生、私は泣きながらも笑っていたい

 

先生、私は

 

 

私は、それでもなにも諦めていません。

 

 

 

春に、会いましょう

 

それでは、また。

 

 

f:id:yoco_0531:20170313011237j:image

photo by takayanagi