読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よこと病気と○○と

1人の人間として、ありのままをツラツラと。お布団と社会の間から

私と病気とあなたの娘であること

 

22歳

 

「母の日」を

照れずに祝えるようになって2年目です。

 

去年の母の日

私はまだ働くことも電車に乗ることもできなかったから

 

精一杯の料理を作った

 

私と病気と母 - よこと病気と○○と

 

お刺身を綺麗に切り落として

お花の形にしてお寿司のケーキ

 

お母ちゃんの大好きなアボカドはディップにして、サーモン、トマト、チーズと一緒に

リッツパーティー

 

美味しい美味しいって

たくさん食べてくれるのがすごく嬉しくて

来年もこうして祝えたらなって

そう思った

 

 

そして本日、母の日

 

ならない勉強、展示の準備でおわれにおわれ

ご飯を作る時間なんて全然とれなくて

 

それでも去年と違うことは

働けていること

電車に乗れること

 

お洋服のトータルコーデのプレゼントを選んだ

白の刺繍ブラウスに

綺麗なエメラルドグリーンとネイビーのリバーシブルのスカート

気になってると言っていたサッシュベルト

 

せっかく娘に生まれてこれたからね

精一杯女の子らしいものを選びたい

 

お洋服、お化粧品、料理器具

 

美しさは強さだと

歳を重ねるたびに実感する

どうかあなたにもいつまでも強く

凛々しく、私のお母ちゃんでいて欲しいよ

 

「ごめん、展示の準備でおわれて今日はご馳走作れないから、来週のどこかで作らせてね!

今日は堪忍!」

 

そう送ったメールに

あなたがくれたのは

 

「母の日に手が回らないほど忙しい日々が、

母の喜び!」

 

そんな愛情に溢れかえった言葉でした

 

 

お母ちゃん

お母ちゃん

お母ちゃん

 

手のかかる娘でごめんね

ろくに大学にも行けなくて

周りと同じように生きられなくて

何度も失敗を繰り返して

何日も部屋に引きこもって

時にはあなたにやつあたりして

怪我と病気ばかりの毎日で

心配ばかりかけて

あなたにはなんの非もないはずなのに

あなたの人生まで巻き込んでしまった

 

きっと私が通信に行くと決めた時も

私の知らないところで父ちゃんを説得してくれたのでしょう

 

それでも

いつも味方でいてくれたお母ちゃん

 

私の悲しみも喜びも

あなたのことのように喜んでくれたこと

 

ありがとう

ああ私やっぱり、あなたの娘でよかった

 

今日帰ったら

このプレゼントを渡すね

どんな顔するかな、喜んでくれるかな

 

感謝も愛もどうかどうか

全部届きますように、伝わりますように

 

 

f:id:yoco_0531:20170514142554j:image

photo by noa

 

関連記事「私と病気の子供とその親」

私と病気の子供とその親 - よこと病気と○○と