よこと病気と○○と

1人の人間として、ありのままをツラツラと。お布団と社会の間から

私と病気とただいま

電車に乗れるようになって 季節が巡り夏を越え秋になった 2016年9月21日 私は復学を決めた 大学初日はたくさんの人と 知り合いの目と 教室の圧迫感に淘汰され 屋上で1人ぎゃんぎゃん泣いた それでも踏ん張って1ヶ月通った 大学の授業は楽しかった 学ぶことは…

私と病気と生きてきた事

2日前 私は半年ぶりに、電車に乗れました。 なんとなく、ノリと勢いでパスモを買って どうせ乗れないんだろうなと思いながら 改札をくぐりました。 改札をくぐれば、そこは異世界で 心音が意識と関係なく、大きくなってゆく そして電車を2本見送った後 私は3…

私と病気とぶち破られた扉

私の世界は、まだまだ小さいです。 少しずつ回復の兆しを見せる体に対して 定期的に崩す体調や 安定しない睡眠に 相変わらずの予期不安 やれることはとても少なく 行ける場所は、とても小さい。 ある人はこう言いました できないことを嘆くより、 できること…

私と病気と副作用

怖かった。初めて行く病院が、怖かった。1人で待つ待合室は、ひどく冷たくて、怖かった。両手こぶしを膝の上でぎゅっと握りながら私はただただ、重圧に耐えていた。重い副作用が伴うとわかっていて飲む薬が、怖かった。これから始まる辛い数日を想像して、怖…

私と病気と焦げた彼

許せない、人がいる私の思い出の中の彼は雑で適当で上っ面で裏切り者でとにかく、最低なやつだった。彼と付き合ってから私は人を信じれなくなって恋愛を、近づけないようになった裏切られた。その事が長い長い年月の中で増して膨らんで憎しみとなって、残り…

私と病気とフラッシュバック

大学に行きたいどうしてだろう。今が今生きている世界がこんなにも暖かくて周りには大切な人もたくさんいて大好きな人もいてこんなにも心地よい世界にいるのにどうしてまだ私は、捨てられないでいるのだろう不意に起こるフラッシュバックが私の脳を焼き焦が…

私と病気と「苦しい」

大好きな人がいた。 その時の私の小さな世界では、その人だけが全てで。 だから私はどんな方法でも、彼を繋ぎ止めておきたかった。 これほどと言わんばかりの、愛を注いだ。 最初は喜んでいた彼も いつしかそれだけでは物足りなそうな表情になった。 私は物…

私と病気と波

体調を崩して思い出す久しぶりの闘病してる感。今までできるようになっていたことも怖くなくなっていたこともこの時ばかりは、0からのスタートになる。常につきまとう予期不安にさいなまれて何もできない、どこへも行けない。たかが頭痛、倦怠感、目眩、立ち…

私と病気と分かって欲しかった事

大切な人が身体を壊すのを見るのはとても辛い。いなくなってしまうのではないかと、深い恐怖にのまれてしまう。生きていてくれれば充分だけど、それでもやっぱり出来るなら健やかに生きていて欲しいと思う。 きっと、私のことを応援してくれる人もこんな気持…

私と君とサヨナラ

なにが悲しいってわかってしまうことだよ あなたが離れていく人なのか離れていかない人なのかもうあんな思いは、2度とごめんだから 改札が嫌いよ心のないサヨナラ遮断機の鳴る音君の小さくなる背中ただ見送る私振り向きもしない君電車の眩しすぎる灯り引き止…

私と病気と半年

学校に行けなくなって半年が、経ちます。この半年に忘れたくないもの、よこはたくさん、 忘れてしまいました。手に書いた「課題」の文字も2限の始まる時間も食堂のあのメニューの味もヒールで歩く校舎の音も忘れたくないことばかりなのにね。それでも今が好…

私と病気と母

いつもより早く目を覚ました予約していたケーキを取りに行ったケーキはこっそり冷蔵庫の奥に隠した昨日から仕込んでおいたマリネを取り出す少し口に含んで見るうん、美味しくできてる。今日は母の日スーパーのチラシには3.4日前から母の日特集!なんて大々…

私と病気と誰もいない道

誰もいない道が、嫌いだった。昼下がりの午後外に出なくちゃと、ありもしない義務に縛られて、重い足を引っ張るように家を出た外には誰も、いなかった。みんなは、「社会」にいた。学校、会社、電車に車私1人が、この世界にいるようだった。「なにしてるんだ…

私と病気と言葉

色んな人を、見てきた。初めて聞く病名に驚く人厄介者みたいな目で見てくる人仲間だと言ってくれた人変わらぬままで接してくれる人色んな人と、話してきた。それは甘えだと怒鳴り散らす人同情した目で見つめた人上辺で理解するそぶりを見せる人あたかも理解…

私と病気とココア

君とサヨナラした後は、しばらく動けなくなる。改札で君の背中を見送って私は行けないその先を思い描いてはおののいて自分の不甲斐なさに潰れそうになる。 だけど、どうしてだろう。君の隣を歩くと自分が病気なことを、忘れてしまうのは。会いに来てくれてい…

私と病気と短編小説

受験期の話を1つ、しようと思う。高3、夏の初めのころの話。朝6時目覚まし時計が鳴る眠いまぶたを持ち上げて、目を開ける。昨日から用意されたカバンはフックにかかっており、そこに朝日がさんさんとそそかがれていた。身支度を済ませ、余裕を持って家をで…

私と病気と面接

不甲斐ない不甲斐ない不甲斐ない不甲斐ない不甲斐ない不甲斐ない不甲斐ない働くことさえできない自分が不甲斐なくて、しかたない。時間ならいくらでもあります!ガンガン働けます!お店の力になります!言いたくても、言えないことばかりで。世間に迷惑をか…

私と病気と夢

正式に休学することになった。4月1日みんなが3年生になったとはしゃぐTwitterのタイムラインをただぼんやりと見つめいた。今日からこうして少しずつずれていくのだろうと。そうしていつかズレさえもわからなくなっていくのだろうと、思った。それが幸か不幸…

私と病気と眩む世界

人が愛を囁くたび「あなたは私のなにを知ってるの」と、怒鳴り散らしてた。たとえそれが、どんなに真摯に私に向けられた言葉だったとしても。今思えば、たぶんそれは怒りではなかった。怖かったのだ。そういうあなたがいつか離れてしまう時を、私は何度とな…

私と病気と自分嫌いなあなたへ

「自分が嫌い、いろんな面で」あなたはいつも、決まり文句のようにそう言って。その度に私を悲しくさせるんだ。ねぇ、自分嫌いのあなたが好きな私もあなたは嫌いなのかな?私に、何ができるだろう。自分嫌いは、簡単に扱っていいものじゃないね。それを根暗…

私と君と生きること

「死んでしまいたい」そう嘆く人に、私は、何も言えない。たとえそれが、知らない人であったとしても、親友であったとしても、家族であったとしても。きっと私は、なにも、できない。だって私には、その人の痛みなんてこれっぽっちもわからないから。張り裂…

私と病気と否定

「1からだよ」というと「そんなことないよ」と、笑う。その顔があまりにもせつなくて。 「そういうことじゃなくて」それでも私は、うまく言葉にできなくて理解してくれようとする人たちに、何1つきちんと、向き合えず相変わらず、不甲斐ないままで。そのた…

私と病気と愛する事

病気を持つということ人を、好きになってはいけないということ例えば恋人ができたとして私は、会いに行けない会えても途中で息の仕方がわからなくなって、苦しくなってしまうことがあって人と2人きりで会うのが、怖い。私が唯一、大丈夫な空間それが撮影撮影…

私と病気と生きている事

あまりにも強い感情に触れてしまった時よこの頭は、ショートします。それが、自分の感情でなくても。他人の強い感情や憎しみ、喜び、悲しみ、声にならない思いに触れてしまった時激しい動揺が、止まりません。毎日そんなんでは生きていけないことをよこは20…

私と病気と春嵐

気づけば季節が秋から冬に変わっててきっとこの嵐がすぎされば、もうすぐに、春が来る。ブログを始めた4ヶ月前生きてることが苦しくて苦しくて奪われた普通に必死にしがみついて弱音のやり場に困って始めたこのブログ私と病気と新しい薬 - よこと病気と○○と…

私とビビ

憎しみしか、無いと思ってた。でも本当は、本当はちゃんと知ってた。最後まであなたは、ちゃんと優しかったこと。私がいけなかったの。私が絶対に言ってはいけない言葉をあなたに、言ってしまったから。だからあなたは、最後まで、なにも、できなかったのよ…

私と病気と知らない人

甘える、ということを知らない人が、います。初めて会ったその人は気持ち悪いくらいに元気で笑顔が眩しい人でした。だけど、いつも、心の真ん中、ちょうど奥のところには冷たくて硬い。何かがあるのを、感じていました。その人は人のために生きることには尋…

私と病気と罪

全部、身の回りで起こる不幸全部を病気のせいにしてしまうことは容易い。病気の名前も将来の夢も「好き」も「助けて」も今の私には簡単に口に出せないことばかりで。世の中に溢れる、偽善者達は優しく、甘い、蜜のように笑う。お砂糖で固められた甘ったるい…

私と病気と被写体2

昨日久しぶりに撮影会があってねよこの居場所はここだなぁと再実感しました。カメラの前に立てば、グレーががった世界が一気にひっくり返る。まるで色鮮やかなプールにダイブするように。ストロボのまばゆい光にシャッターの切れる音シャッターの音がなるた…

私と写真と天国

heaven【名】天国、楽園 お布団は、天国でも、天国(お布団)にいたって常にいろんなしがらみは絡みついて私を離さない絡まる髪の毛のように長いツタのようにあなたも来てみればいいきっとわかる灯りは微か手の平で握れるほど見たくない所ばかり見えてくるそれ…

私と病気とハサミ

ずっと伸ばしてきた、髪を、切りました。 ちょきん。にぶいハサミの音がお風呂場に響いた後パサリ、と髪が床に敷かれた新聞紙の上に落ちる音はい、お家でセルフカットです。今のよこは、美容院にいけません。怖くて、どーしても、踏み出せないのです。情けな…

私と病気と波

体調が、よくなりだしてできることが一つずつ増えて新しい夢が、できて希望とまではいかないけれど明日を見据える余力くくらいはできてきて、できる範囲で、やりたいことができることが続くようになっていた。でもそんな夢のような日々はとても些細な体調不…

私と病気と不眠

夜が、長すぎやしませんか昨晩24時よこは確かに、眠りについたはずです久しぶりの睡眠薬に藁にもすがる思いでダウンロードした睡眠用BGM適度に温めた部屋にほのかなラベンダーアロマの香り柔らかな光の間接照明お風呂上がり、温まった体条件は、揃っていたは…

私と病気と2:5

に、たい、ごよこの世界は2:5 土日に働いて月火水木金はお休みですでも世間一般は5:2よこの世界は世間一般のそれとま反対の割合の中に成り立っていますだから友達と話していると時々感じるその小さなズレ、がよこの首をめいっぱい、絞めてきます。2:5と5:25:…

私と病気と電車の夢

昨晩、電車に乗る、夢を見ました正確には、電車に乗れる、夢ですぴょんっとそれはそれは驚くほど軽い足取りで乗りました戸惑いも不安も恐怖も混乱もそこにはなにひとつ、ありませんでした今までよこは、電車に乗る夢をみてきたけどそれは夢の中で1番、怖い夢…

私と病気と2人だけ

夢は叶うよななんて、偽善ごとだれが考えたんですか 大っ嫌い現実なんて大っ嫌いもういい、もういらない全部全部自分から手放してあげるよ諦めないで前を向いて夢を持ってばーかばーかばーか潔く諦めてもう無理だって夢が全て叶うわけじゃないことくらい自分…

私と病気とアルバム

埋まらないアルバムいつになったらあなたに届けられる?四隅が折れてしまったアルバムは戻してもきっと跡は消えないから届かなかった思いたちはどこへ押しやればいいのでしょうどんなに手を合わせ願ってもこれ以上アルバムが埋まることはもう、ないから。 生…

私と病気と道標

最近のよこ精神的には比較的安定してて体調も比較的安定してきています自転車を買って外に出るのが楽しくなってできる範囲で生活を楽しめるようになって比較的落ち着いて、生活ができていて。だけどそれがイコール快方に向かっているには、なぜか、結びつき…

私と病気とツイキャス始めました

昨夜、深夜4時頃相も変わらずよこは眠れなくて1人でふにゃふにゃしていたのですがノリと勢いでついにツイキャスを始めてしまいました…。やー、、深夜のテンションって怖いね笑もともとミスコン中に始めようと思っていたツイキャスですがきっかけと勇気がなく…

私と病気と振袖2

振袖は、苦しくて着られませんヘアセットは、美容院が怖くて行けません式会場は、遠すぎて行けません朝からTwitterは成人式報告で大荒れ区のグループLINEに招待されたけど速攻で抜けてやりましたよわかってるみんなに悪気はないのはわかってるでも悔しくて、…

私と病気と振袖

わかってるいま考えてはいけないことわかってるでも考えることは、やめられない明日は成人式だとみんなが楽しそうにつぶやいているのを私はただ、歯を食いしばって見ることしかできないよこは振袖が着られない。着ていると苦しくなって発作が起こりそうにな…

私と病気と同窓会

会場開始の、4時間前にお家をでました新品ピカピカの相棒にまたがってドレスの入ったリュックサックを背負ってよこは13キロの道を走りきりました。同窓会は、本当に楽しくて行ってよかったなと諦めなくてよかったなと心から、思いました。会場について、会っ…

私と病気と成人式

明日から三日間成人式と同窓会の怒涛のラッシュが始まります。ドレスを、買いました。最初見た時ドレスがあまりにも綺麗で目が、眩みました。よこなんかが、こんなに綺麗なものを着ていいのだろうか、と思いました。今でもまだ電車に乗れないよこは会場まで…

私と病気と初給料

みんな、、、、ついに、、、ついによこはやったよ、、、、ばばーーーーん!!!!!初給料、ゲット、です!!!!!!!ぱちぱちぱちぱち。本当の初給料は、大学一年生の時だったでも、その時とは袋の重みが、全然違ったよ人生で、2度目の初給料努力が形にな…

私と神様

ダンダンダンダンあぁ、大変だ、神様がお怒りだダンダンダンダンああどうしよう、どうしよう怖い、怖い、怖い、怖い急いで急いで早くイヤホンをつけて早くお布団に潜って早く薬を流し込んで神様がお怒りだよ早く早く早く避難しないと薬が効くまでの15分耐え…

私と病気と想い

夜、眠りにつく前雨戸は閉じないでおくカーテンは広めに開けておく遠い先の約束はしない連続で約束もしない2日に1度はお日様の光を浴びる 体調が少しでも悪い時は外に出ないお化粧はならべく毎日するご飯は少しでも必ず食べるこれ以上、下に、下に落ちてし…

私と病気と怖い事

外の世界は、怖いものだらけです普通に生きてる人にはえ?って思うようなことさえもよこにとっては、底知れぬ、恐怖です踏切の音が、怖いですずっと聞いてると胸が苦しくなって警報がガンガンなり響き渡り電車は見るだけで身震いします。人と会うことが、怖…

私と病気の子供とその親

カウンセリングで話をしてる時毎回涙を堪えられなくなる話題があるそれが、家族のこと特に、両親のこと。最近よこは、ブログを通じて病気や障害を持つご両親の方のブログを拝見させていただいたり、コメントを頂いたりして病気や障害を持つ子供の親の気持ち…

私と病気と願い事

明けましたねよこ、初日の出を、見てるよ。去年のうちに、幾度となく普通に生きたい、と願ったはずなのにそれでも、初日の出を見て口にした言葉もやっぱりさ普通に生きたいだったよ。変わってないかな、変われてないのかな初詣に行って、おみくじを引いてさ…

私と病気と2015

うわーーーーーお久しぶりの更新になってしまった横関さん、年末を満喫しておりました笑ごめんなさい、超元気です笑友達が会いに来てくれたりしてね元気をたくさんもらってその元気を使ってブックオフにいったらさポケモン(ブラック)をね、買っちゃってね笑2…